エンジニアにはコミュニケーション力が必要

開発現場で働いているエンジニアも、様々な性格や個性を持った種類の人たちが存在する。
コンピューター技術に関心を持つ人の中には、人とのコミュニケーションが苦手という人も少なくない。
プログラマーの仕事を将来目指す人の中には、接客など他人とあまり接触する必要がないからという動機も見られる。

しかしそのような期待とは裏腹に、ソフトウェア開発などのIT分野では、人と積極的にコミュニケーションできるような人材が求められている。
ソフトウェア開発は一人で行う事は稀であり、他人と協力しながら開発業務を進めていくのが一般的である。
開発チームの中には、同じくプログラマーとして働く開発者が存在し、彼らと仕事の中で会話しなければならない。
そのため、コミュニケーションが苦手では、例えプログラミングの仕事でも役割を果たせない。
特にプログラマーから、システムエンジニアやプロジェクトリーダーといった種類の管理職へとキャリアアップするに従い、人とのコミュニケーション能力がなければ仕事ができなくなる。

IT業界でエンジニアの仕事を目指す場合は、他人とスムーズにコミュニケーションができる能力は身に付けた方が望ましい。
会話が苦手であっても、多少の訓練次第で開発の仕事で通用するコミュニケーション術は身に付けられる。
コミュニケーションは、場数を踏むとスキルを高めることができる。
とにかく多くの人と話す機会を持つことで、自然と会話ができる能力が身につく。
IT業界に受け入れられるには、スキルだけでなくコミュニケーション能力が高い人材が必要とされている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です